前へ
次へ

土地活用のいろいろな方法

土地という資産は所有しているだけでは価値を生むことはありません。
固定資産税などの経費がかかるだけで、むしろ損失を生じさせる資産と言えるでしょう。
ところが、土地と言うものは、土地活用方法を考えることによって利益を生む資産となります。
具体的にどのように活用できるか考えてみましょう。
譲渡する方法、土地をそのまま賃貸する方法、土地に賃貸アパートなどを建設し賃貸する方法などが考えられます。
譲渡するのは期間と言う視点では一時的なものです。
それ以外の方法は長期的なものです。
長期的なものは、月極での駐車場や材料置き場などとして初期投資が少額でリスクをあまり負わず賃貸する場合と、高収益と高リスクを伴うマンションやアパートを建築する場合が考えられます。
この中間としてコインパーキングをイメージできるでしょう。
その土地によってどのように活用してゆくのが良いのかは、まずどの程度の収益を求めるかによって各々の土地活用方法をシュミレーションしてみる必要があります。
この時の注意点は税金です。
特に収益に係る所得税や法人税と収益に関係なく課税関係が発生する消費税は必ず検討することが必要です。

Page Top